経済統計の使い方
統計初心者の社会人向けに、経済データの解説をしています。「まとめページ」をご覧くだされば、全体的な内容がわかると思います。
経済指標

原油輸入価格の計算法-「バレル」は体積の単位

さくら

バレルって体積の単位だったんですね。

かえで

英語で樽という意味です。この計算法を覚えていれば、原油価格の長期データが得られ、分析の幅が広がります。

ニュースでは、さまざまな市場の原油価格が報道されていますが、日本に輸入されている原油にはさまざまな種類があります。実際にはどのくらいの値段になっているのでしょうか。貿易統計を使って計算してみましょう。

貿易統計から計算

使うのは、貿易統計の「原油及び粗油」の輸入金額と輸入数量、対ドル円レートです。貿易統計のデータ貿易統計検索サイトから入手できます。具体的な入手法は「品目別輸出入の入手法」を参考にしてください。対ドル円レートは、統計ダッシュボードから入手できます。

2022年3月について、計算結果をまとめると、以下の表になります。

原油輸入数量原油輸入金額対ドル円レート原油輸入価格原油輸入価
単位キロリットル1000円円/ドル円/バレルドル/バレル
2022年3月1293370865103767121.6410634.287.4

単位の変換が必要

まず、円ベースの原油価格を計算します。注意すべきなのは、数量の単位をキロリットルからバレルに直すことと、輸入金額の単位が1000円であることです。そこで以下の計算をします。

  • 1キロリットル=6.2898バレルなので、原油輸入数量に6.2898をかけます。
  • 輸入金額に1000をかけて、単位を円にします。
  • 輸入金額を輸入数量で割って、1バレル当たりの原油価格(円ベース)を計算します。

以下をまとめると以下の式で原油価格の円ベースが計算できます。

$ 原油輸入価格(円/バレル)=\frac{ 輸入金額×1000 }{輸入数量×6.2898 }  $

次にこれをドルベースに換算します。対ドル円レートで割ればよいです。

$ 原油輸入価格(ドル/バレル)=\frac{原油輸入価格(円/バレル)}{対ドル円レート(円/ドル)} $

これで、1バレル当たりの原油価格が計算でき、2022年3月は87.4ドルであることがわかります。

グラフの表示

グラフでみると以下のようになります。似たグラフですが、最近は円安の進行で円ベースでの上がり方が急になっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA