経済統計の使い方
統計初心者の社会人向けに、経済データの解説をしています。「まとめページ」をご覧くだされば、全体的な内容がわかると思います。
統計ソフト

エクセル 相関係数ー分析の基本

エクセルで相関係数を計算する方法を説明します。データを指定するだけで計算できます。

概要

データは、小巻泰之・山澤成康『計量経済学15講』の第4章にあるテストの成績のデータを利用します。回帰分析で使うデータと同じです。

利用するのは以下の学生の成績データです。

学生基礎科目(X)応用科目(Y)
A5060
B5555
C4560
D5565
E6560
F6570
G7575
H7580
I8090
J8585

エクセルでの相関分析

データタブからデータ分析を選びます。データ分析は通常、有効な状態になっていないので、アドインの「分析ツール」を有効にしておく必要があります。この方法については分析ツールの有効化ーオプションの設定をご覧ください。

データ分析をクリックすると、下記のウインドウが開くので、相関を選びます。

相関をクリックすると以下の画面になります。この後の作業は2つだけです。

  • 入力範囲にデータの範囲を指定する。
  • ラベルにチェックを入れる。

データの範囲を指定するには、右側の矢印マークをクリックします。

矢印マークをクリックすると、以下の画面になります。マウスで、基礎科目(X)と応用科目(Y)のデータを選択します。データのみを選択することもできますが、最上段の「基礎科目(X)」、「応用科目(Y)」も一緒に指定すると、このセルがラベルになって結果がわかりやすくなります。範囲を指定した後、ラベルにチェックを入れます。データのみを選択した場合は、チェックを入れる必要はありません。

OKを押すと、結果が表示されます。基礎科目と応用科目の行列になっています。基礎科目と基礎科目、応用科目と応用科目はそれぞれ同じなので、相関係数は1になります。基礎科目と応用科目の相関係数は0.887625365です。小数点第2位までで表示すると0.89です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA